紙とインクと素敵なデザインと
株式会社一心社印刷所
営業時間:9:00〜12:00/13:00〜18:00  休日:土日祝・正月休み・夏休み
電話:03(3945)8590  FAX:03(3945)8570  メール:isshinsha.net@gmail.com

ブログ


  1. top ページ>
  2. ブログ>
  3. エコ用紙について考えた

エコ用紙について考えた

名刺印刷で、まえまえから一種類くらいあったらいいなかーと思っていた「エコ用紙」を探し始めました。
候補に上がったのが「再生紙」と「非木材紙」。
再生紙は古紙を配合した再生紙です。
非木材紙とはなにかと言うと、木以外の原料でできた紙のこと、または木以外の原料が混ざっている紙のことです。
その中で注目したのが「ケナフ」と「バガス」。

1,再生紙
古紙パルプ配合率偽装問題以降、是非が問われ続けている再生紙。
古紙を100%使用する場合、製造段階でのco2排出量は古紙0%のものとくらべ役2倍となるようです。
http://www.np-g.com/news/news07042401.html
再生紙と新品の紙、環境の利点に大差なし
http://sci-tech.jugem.jp/?eid=781
再生紙は環境に良くないの?
http://www.np-g.com/csr/commu/01_09.html

リサイクルは悪いことだとは思いません。リユースもふくめ良いことだと思います。
ただその言葉を鵜呑みにして「良い良い」と思ってはいけないようです。
古紙を回収するのにどれだけのトラックが走っているのでしょう?
古紙を紙に戻すにはどれだけのプロセスが必要でしょうか?
そのためにどれだけの薬品、燃料を使っているのでしょうか?
...
自分自身で調べ考える。
そして自分の答えを導き出す。
その答えが正しいかどうかも分かりませんが。
考え続ける。


2,ケナフ
ケナフについて調べたところ、これまた賛否両論の声があるようです。
http://eco.goo.ne.jp/word/issue/S00068_kaisetsu.html
対談 ケナフは地球にやさしいか?
http://goo.gl/ofpppp
ケナフ紙や間伐紙は日本の森を守れるか
http://homepage2.nifty.com/koshi-net/pdf/78a.pdf
もちろん反対意見もあります。
「ケナフは森を救えない」の反論
http://www.kenaf.ne.jp/an.html

ケナフが良いというのは多分こんなイメージ。
「非木材」→「木を使っていない」→「木を守っている」→「環境に良い」 ??
実際ケナフで紙を作るのと木で紙を作るのと何が違うのだろう?
ケナフから紙を作る技術はどの程度のものなのだろう、無駄が多くはないのか?
どっかの国でケナフ農場を作るために原生林を伐採したりしてないの?


3,バガス
最後にバガス、紙の名前で言うと「GAバガス」というもの。
うん、これは良さそうだ!だって原料は「サトウキビの糖汁を搾った後の残りカス」
なんせ今まで捨てられていたものを利用するんですから!
http://www.eco-future.net/bagas/bagasconcept.html
うんうん、なんか納得できる、一心社でもバガス紙を使おう。
さて、ところで、「GAバガス」にはどれだけのバガスが使われているのだろう?
メーカーに問い合わせたところ、
「古紙パルプ配合率偽装問題以降は配合しているとしかご説明できません。」
「たしか以前は10%と謳っていました」と、
はい、
イマイチです。
原料が捨てられていたものを利用というのはすごくいいと思うのですが。
おそらく技術的な問題、コストの問題なのでしょう。


結局、なっとくいくものはありませんでした。
なにか紙としての魅力があれば使いたいのですが、非木材紙だったら「ピーチケント」が同様のあたたかみのある紙ですし、再生紙はごくごく普通の用紙ですので。

なんか普通の紙が一番いいのでは?と。
長年蓄積された最先端の技術をもって大量に効率良く紙を作ったほうが、よっぽど無駄はなさそう。

森を守るという意味では、
以前から挨拶状印刷でつかっている「FSC用紙」というものがあります。
FSCについて
http://www.wwf.or.jp/activities/nature/cat1219/fsc/
こちらはいろいろと調べそれなりに納得のいくものなので是非広めたい、使って欲しいと思い使用しているのですが、なんせ高い。実際挨拶状でもあまり注文はありません。
もっと普及して欲しいものです。


それでは現在、一心社の考えるエコとはなんぞや?
それは「薄い紙」です。
はっ?と思われる方もおられるかもしれませんが。
一番のエコです。
薄いということは、材料が少なくて済むということです。
無駄をしない、必要以上のことはしない。
今までのことを見なおして、本当に必要か考える。
提案などというとおこがましいので、
そんなんもあって良いのでは?と。
こないだマックに行った時に名刺ではないのですが、名刺のような販促物がありまして。
それはすごく薄い紙なんだけど格好良かったのです。
その時に「名刺ももっと薄くても良いかもなー」と思いました。

これから吟味して、薄くても格好良い紙をさがそうと思います!
用紙種類のラインアップに上がった折は、どうぞよろしくお願い致します。
2012/5/30 mizo